バナー協賛募集

 

 

 

年次大会

公益社団法人 日本食品科学工学会 第63回大会 
開催案内


多数のご参加ありがとうございました。

63大会アプリはこちら
for iphone for andoroid





第63回プログラム  ■若手の会プログラム ■追加情報
協賛企業一覧

■第12回「若手の会」
 本年度も,若手の会としてコンペティション形式のポスター発表会を開催します.この会は,学生をはじめとする35 歳以下の若手研究者が,日頃の研究成果をアピールする場であるとともに,自由なディスカッションを通じて研究者同士の交流を深める場でもあります.今回の若手の会は以下の要領で行いますので,発表されない方も皆さまお誘い合わせの上,活気あふれるディスカッションと優秀ポスター賞選出のための投票に是非ご協力ください.ポスター賞のほか,本学会企画委員会・産官学交流委員会より若手の会企業賞の表彰を行います.

会場:共通講義棟北学生ホール
参加資格:年次大会参加者であれば誰でも
(ポスター発表での討議および優秀発表者の投票に是非ご参加ください)

若手の会スケジュール
8 月26日(金)
11:00∼ ポスター展示開始指定の位置に各自のポスターを掲示
12:30∼13:30 コアタイム(ポスター番号奇数番号)
13:30∼14:30 コアタイム(ポスター番号偶数番号)
11:00∼15:00 優秀ポスター投票
15:00∼ ポスター撤去
18:30∼ ポスター発表コンペティション表彰式(ミキサー内)

ポスター作製の要領
1.ポスターのサイズはA0(幅84.1cm×高さ118.9cm)とします.
なお,A4 サイズの用紙にて印刷し,複数枚用いてポスター発表される場合は,図表を極力大きく,見やすく作成するように心がけてください.演題名(発表者・所属を含む)は,A0 用紙内の上部に記載して下さい.
2.ポスター番号は事務局で準備し,ボードに張り付けておきますので,各自のポスター番号の位置にポスターを掲示してください.掲示に必要な画鋲は事務局で準備します.

【第12 回若手の会世話人】
岐阜大学応用生物科学部応用生命科学課程矢部富雄
〒501-1193 岐阜市柳戸1 番1
TEL & FAX:058-293-2913 / E-mail:yabet※gifu-u.ac.jp(※を@に変えてください)

■託児についてのお知らせ


本学会大会ではお子様をお連れの学会参加者のために託児所を開設します.託児所の利用は大会参加者とその家族に限ります.託児所のご利用を希望される方は,下記要項をご確認いただき,期日までにお申し込みくださいますようお願い申し上げます.
開設日:平成28 年8 月25日(木)∼27日(土)
開設時間:8月25日(木) 8:45∼17:45
     8月26日(金) 8:45∼18:15
     8月27日(土) 8:45∼17:30
対象年齢:0 才3か月から小学校入学前まで
利用料:お子様お1 人につき1 000円(1時間)
  ※託児所の運営費は一部を利用者負担とし,一部を大会からの補助で賄っております.
申し込み期間:平成28 年6 月15日(水)∼8月19日(金)
保育場所:お申し込み後にご案内します.
託児委託業者:株式会社トットメイト
申込方法:大会ホームページから「託児室利用規約託児連絡票」をダウンロード後,申し込み期間内に株式会社トットメイトに電話で申し込みください.
○申込先:株式会社トットメイト 電話番号:052-972-6069

■大会日程


期日:平成28 年8 月25日(木)∼8月27日(土)
会場:名城大学天白キャンパス共通講義棟北(名古屋市天白区塩釜口1丁目501)
 ※当日は,名古屋市内で大きな催しがあります。宿泊施設は早めに予約をしてください。
学術交流会:名古屋観光ホテル


第1 日目8 月25 日(木)
学会賞授賞式・受賞講演:9時30分~12時00分  名城ホール
基調講演:13時00分~13時55分  名城ホール
  『フードファクター研究の昨日・今日・明日』
    大澤俊彦(愛知学院大学・心身科学部健康栄養学科教授)
シンポジウムA: 14時00分~17時30分 名城ホール
  A1: 『食品中の抗酸化評価の標準化と人に対する効果のアセスメント』   
    世話人:津志田藤二郎(宮城大学),大久保 勉(太陽化学・SUNATEC)
  A2:『温故知新~薬食同源による健康研究への挑戦~』   
    世話人:能勢充彦(名城大学),湊 健一郎(名城大学)
展示:9時00分~17時00分 共通講義棟北 学生ホール 
学術交流会:18時30分~(名古屋観光ホテル,地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」下車すぐ)
第2日目8月26日(金)
一般講演:13時30分~18時00分
シンポジウムB:9時00分~11時30分,9時00分~12時00分 
  B1:9時00分~11時30分
  「クルクミン研究の最前線~生体内吸収,機能研究から応用へ~」   
    世話人:仲川清隆(東北大学),津田孝範(中部大学)
  B2:9時00分~12時00分   
  「地域食品研究のエクセレンス」   
    世話人:山本晃司(あいち産業科学技術総合センター) 
        鍋谷浩志(農研機構食品総合研究所) 
    (日本食品科学工学会中部支部・全国食品関係試験研究場所長会共同企画)
  B3:9時00分~11時30分   
  「食品のミクロ構造を観る」   
    世話人:上野 聡(広島大学),西津貴久(岐阜大学)
  B4:9時00分~11時30分   
  「機能性農林水産物・食品開発プロジェクトから見えてきた機能性農産物とは」   
    世話人:大谷敏郎(農研機構食品総合研究所)
        山本(前田)万里(農研機構食品総合研究所)
IUFoST-Japanシンポジウム:13時30分~15時30分 名城ホール
ランチョンセミナー:12時15分~13時15分
若手の会(ポスター発表コンペティション):11時00分~15時00分 
共通講義棟北 学生ホール
ミキサー(若手の会表彰式を含む):18時30分~20時00分 名城食堂   
展示:9時00分~17時00分 共通講義棟北 学生ホール

第3日目8月27日(土)
一般講演:9時00分~11時30分,13時30分~17時30分
シンポジウムC:9時00分~11時30分
C1:「ミツバチ産品(蜂産品)を科学する~化学,機能から産業利用まで~」
世話人:熊澤茂則(静岡県立大学),津田孝範(中部大学)
C2:「麹学を基盤とした食品加工イノベーション」
世話人:加藤雅士(名城大学),楠本憲一(農研機構食品総合研究所)
C3:「産官学連携が食品産業の未来を創る」
世話人:(公社)日本食品科学工学会 産官学連携委員長 鈴木 徹(東京海洋大学)
C4:国際交流委員会シンポジウム(現在調整中)
研究小集会(ランチョン形式):12時15分~13時15分 
① 食品と水  ② 卵  ③ 大豆  ④ 果汁  ⑤ 穀物
世話人:(公社)日本食品科学工学会 企画委員長 竹永 章生(日本大学)
ランチョンセミナー:12時15分~13時15分  
展 示:9時00分~15時00分 共通講義棟北 学生ホール

■一般講演募集要項

 
一般講演申し込み:

Web による申し込みのみの受付になります.
会員番号,一般講演のお申し込みの問い合わせは,下記へお願いします.
(公社)日本食品科学工学会事務局 info※jsfst.or.jp(※を@に変えてください)
申し込み期限:
平成28年3月31 日(木)∼平成28年5月12 日(木) 17:00 まで
なお,講演要旨の内容部分の訂正は平成 28年5月16 日(月)17:00まで受け付けます.
講演者(申し込み者):
・通常会員(終身,永年会員を含む),学生会員,名誉会員,海外会員
・維持会員の代表者が指名する者 1口につき2 名以内
・団体会員の代表者が指名する者 1 名
講演者以外の共同研究者としての連名はこの限りではありません.尚発表は,一人一題です。
プログラム編成:
一般講演のプログラム編成は,大会実行委員会にお任せください.ただし,一連の研究で発表順に希望がある場合はその旨,お申し出ください.
講演時間:
一題につき,発表12分,討論2分,計14分(予定)
講演形式:
一般講演の発表形式は,書画カメラのみとします.A4判の用紙に印刷してご持参下さい. 書画カメラの操作は,発表者自らで行って下さい.
発表分類:第1希望,第2希望を選択してください.
ただし,プログラム編成の都合上,ご希望に添えない場合もあります.ご了承ください.

A 食品成分
1 タンパク質,ペプチド,アミノ酸
2 炭水化物23 水産物
3 脂質24 畜産物
4 ビタミン,ミネラル
5 フレーバー物質,色素
6 その他の成分
7 食品分
D 食品工学,加工,保蔵,バイオテクノロジー
27 加工,製造技術
28 鮮度保持
9 食品物性
30 発酵,酵素利用
31 食品廃棄物,リサイクル
32 包装
33 衛生,殺菌,抗菌
34 その他の食品工学
B 食品機能
8 栄養
9 官能検査,感性工学
10 消化,吸収
11 循環器系
12 免疫系
13 抗酸化
14 酵素阻害,賦活物質
15 細胞機能
16 抗菌,抗腫瘍
17 プレ・プロバイオティクス
18 ゲノム,分子栄養
19 その他の食品機能

E

フードシステム
35 鑑別・表示
36 流通
37 フードマネージメント
38 HACCP
39 安全性,リスク分析
40 トレーサビリティー
41 その他

C

農畜水産物とその加工品
20 穀物
21 豆,イモ
22 野菜,果実
23 水産物
24 畜産物
25 乳製品
26 その他の食品
   

■大会参加費について
※参加申込みは終了いたしました。事前受付されなかった方は直接会場へお越し下さい。
大会参加費の事前振り込みは行いません.当日お支払いをお願いします.ただし,参加される方(講演申込みをされた方も含みます)は,上の申込ボタンから大会申込みと学術交流会参加申込みを行って下さい.当日の参加費,学術交流会費は割高になっておりますのでご注意下さい. 参加事前登録締切 : 8月12日(金)17時00分 まで

日本食品科学工学会第63回大会参加費

    事前受付 当日受付
大会参加費
(講演集込み)
通常会員 9,000円(不課税) 10,000円(不課税)
学生会員 3,000円(不課税) 4,000円(不課税)
維持会員・団体会員
に属する者
9,000円(不課税) 10,000円(不課税)
非 会 員 13,000円(税込み) 13,000円(税込み)
学術交流会費 通常会員 9,000円(税込み) 10,000円(税込み)
学生会員 4,000円(税込み) 5,000円(税込み)
維持会員・団体会員
に属する者
9,000円(税込み) 10,000円(税込み)
非 会 員 12,000円(税込み) 12,000円(税込み)



■大会に関する問い合わせ先
第63回大会事務局  (総務担当)総務幹事 林 利哉    
 名城大学農学部 応用生物化学科    
 〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口1-501    
 TEL:052-832-1151(内線6235),FAX:052-833-5524(農学部事務室)
 E-mail:thayashi※meijo-u.ac.jp (※を@に変えてください)
第12回日本食品科学工学会若手の会:世話人代表 矢部富雄    
 岐阜大学応用生物科学部 応用生命科学課程    
 〒501-1193 岐阜市柳戸1番1    
 TEL:058-293-2913,E-mail:yabet@gifu-u.ac.jp (※を@に変えてください)

■その他
大会期間中、名古屋市内にてイベントの開催が予定されており、宿泊の予約が集中する恐れあり
ますためご留意ください。


協賛案内 (pdf) ■要旨集広告案内 (pdf)