バナー協賛募集

 

 

 

年次大会

公益社団法人 日本食品科学工学会 第66回大会 
─大会日程および一般講演募集─


【講演をご予定の方へ 】
本年は10日間の大型連休を控えておりますので、お早めのご登録をお願いいたします。締切間近には、ご登録が集中する事が予想されます。連休中も参加申し込みは可能ですが、システム操作等のお問い合わせには対応できませんので、ご了承下さい。

66回大会ポスター

■大会日程

期日:令和元年8月29日(木)~31日(土)
会場:藤女子大学北16条キャンパス(〒001-0016 札幌市北区北16条西2丁目)

8月29 日(木)
学会賞授賞式・受賞講演: 9時30分~11時30分 講堂
特別講演 : 13時00分~14時00分 講堂
『糖質が奏でる多彩な生理作用』 原 博(藤女子大学・人間生活学部)

シンポジウム A   :14時30分~17時30分 
A1    : 「おいしい食品の評価計測と開発」
世話人 高橋是太郎(北見工業大学・工学部)
A2    : 「北海道のワインとワイン科学の発展に向けて」
世話人 曾根輝雄(北海道大学大学院・農学研究院)
A3    : 「乳酸菌、腸内細菌およびミルクオリゴ糖の健康機能科学」
世話人 浦島 匡(帯広畜産大学・生命・食料科学研究部門)
A4     : 「北海道の産官学の取り組み」
産官学連携シンポジウム(産官学連携委員会主催)
世話人 稲熊隆博(同副委員長・信州大学)

展示会 :  13時00分~17時00分 
学 術 交 流 会 :  18時30分~ 札幌パークホテル


8月30 日(金)
一般講演 :15時00分~18時00分 
シンポジウム B:  9時00分~11時30分(B5のみ11時45分)
B1  : 「食資源としての海藻科学」
世話人 細川雅史(北海道大学大学院・水産科学研究院)
B2 :「食品因子による腸管機能調節研究の一動向」
世話人 岡崎由佳子(藤女子大学・人間生活学部)
B3 : 「食品」と「美容」 〜食べて美しく
世話人 佐藤広顕(東京農業大学・生物産業学部)
B4 : 「宇宙日本食Up to Date
〜開発の実際と食品機能性の追求、そして宇宙医学へ」 
世話人 暮地本宙己(帯広畜産大学・保健管理センター (現 東京慈恵会医科大学・細胞生理学講座・宇宙航空医学研究室))
B5 : 「地域食品研究のエクセレンス」
 世話人 中川義久(富山県農林水産総合技術センター食品研究所),
     等々力節子(農研機構食品研究部門)
(全国食品関係試験研究場所長会・農研機構食品研究部門・産官学連携委員会共催)

ランチョンシンポジウム: 12時00分~13時30分
「伝統的調味料の国際化への対応」
世話人 舩津保浩(酪農学園大学・農食環境学群・食と健康学類)
吉川修司(道総研・食品加工研究センター)

ランチョンセミナー:12時00分~12時50分 
若手の会(ポスター発表コンペティション):11時00分~15時00分 講義棟マリアラウンジ
ミキサー(若手の会表彰式を含む):18時30分~20時00分 講義棟クサベラホール、ヘレナホール
展示会   :  9時30分~17時00分


8月31 日(土)
一般講演  : 9時00分~11時45分、14時00分~18時00分 
シンポジウム C: 14時00分~17時00分
C1 : 「水産物アレルギーの原因食物と対応策」
世話人 佐伯宏樹(北海道大学大学院・水産科学研究院)
C2 : 「消化管を介して健康維持増進に寄与する物質
~その吸収・分布・代謝・排泄と保健機能性」
世話人 濱岡直裕(道総研・食品加工研究センター)、 山下正道(日本大学・生物資源科学部)
C3 : 「食品の構造科学」
世話人 金田 勇(酪農学園大学・農食環境学群・食と健康学類)
      
10時00分〜12時00分 
公開シンポジウム「HACCP制度化にどう備えるか?」
世話人 稲津康弘(農研機構食品研究部門・食品衛生ユニット)
    太田英明(中村学園大学・栄養科学部)

13時00分〜15時30分 
公開シンポジウム「HACCP活用への道~北海道の取り組みを例に~」
世話人 池田隆幸(藤女子大学・人間生活学部)
浅野行蔵(旭川食品産業支援センター)
前林十三男((株)青山プリザーブ)
通山志保(北海道渡島保健所)

13時00分~13時50分
研究小集会 ①食品と水  ②卵  ③大豆  ④果汁  ⑤穀物 (企画委員会主催)
世話人代表       竹永章生(企画委員長・日本大学)
世話人             
① 熊谷 仁(共立女子大学),萩原 知明(東京海洋大学)
② 長谷川峯夫((一財)ディレクトフォース),久能昌朗(キユーピー株式会社)
③ 増田亮一(農研機構次世代作物開発研究センター),
中森俊宏(不二製油グループ本社株式会社未来創造研究所)
④ 稲熊隆博(信州大学)
⑤ 福留真一(株式会社日清製粉グループ本社基礎研究所)

14時00分〜16時30分
国際交流シンポジウム「Innovation and International Collaboration of Food Science and Technology」
-食品科学工学におけるイノベーションと国際協働-(国際交流委員会主催)
世話人      松村康生(同委員長・京都大学)

ランチョンセミナー: 12時00分~12時50分 
展示会 :  9時30分~15時00分


■一般講演募集要項

一般講演申込締切:2019年5 月10 日(金)17:00
講演要旨の内容部分の訂正: 2019年5 月17 日(金)17:00
講演者(申し込み者):
講演申し込み・発表は,一人一題とし,本会の通常会員(通常オンライン会員,終身,永年会員を含む),学生会員(学生オンライン会員含む),名誉会員,海外会員
維持会員の代表者が指名する者2名以内(1口当たり),および団体会員の代表者が指名する者1 名に限ります.講演者以外の共同研究者としての連名はこの限りではありません.

一般講演は、すべて実行委員会が用意するパソコン(Windows10、PowerPoint2016)での発表とします。
講演時間は発表12分、討論3分の計15分を予定しています。
パソコンの操作は、発表者自らで行って下さい。
なお、講演要領の変更を含む詳細は学会ホームページ、会誌に掲載しますので、必ずご確認をお願いします。


■大会参加費

大会参加申込み、講演申込み、並びに参加費・学術交流会費の支払い(Confit)を用いてオンラインで行います。アカウント登録後、ホームページから大会参加申込みと学術交流会参加申込みを行って下さい。 講演の申込みができるのは会員のみで、一人一題です。
当日の参加費、学術交流会費は割高になっておりますのでご注意下さい。
参加事前登録締切: 8月15日(木)17時00分 まで

    事前受付 当日受付
大会参加費
(講演集込み)
通常会員 10,000円(不課税) 12,000円(不課税)
学生会員 5,000円(不課税) 6,000円(不課税)
維持会員・団体会員
に属する者
10,000円(不課税) 12,000円(不課税)
非 会 員 15,000円(税込み) 15,000円(税込み)
学術交流会費 通常会員 10,000円(税込み) 12,000円(税込み)
学生会員 8,000円(税込み) 10,000円(税込み)
維持会員・団体会員
に属する者
10,000円(税込み) 12,000円(税込み)
非 会 員 15,000円(税込み) 15,000円(税込み)

維持会員様、団体会員様へ
維持会員は一口につき代表が指名する2名のみ一般講演が可能で,同じく2名のみ参加費無料となります。団体会員は代表が指名する1名のみ一般講演が可能で、同じく1名のみ参加費無料となります。
  参加希望の方(招待状使用者、講演者、含む)は事前登録書を事務局までご送付ください。招待状につきましては、後日お名前を記載したものを郵送いたします。ご本人以外は使用できません。招待状は必ず受付にご持参下さい。招待状がない場合には、参加費をお支払い頂くことになりますのであらかじめご了承下さい。


発表分類

第1希望,第2希望を選択してください.
但し,プログラム編成の都合上,ご希望に添えない場合もあることをご了承ください

A 食品成分,食品分析
1 栄養成分(タンパク質,炭水化物,脂質,ビタミン,ミネラル)
2 フレーバー物質,色素
3 生理活性物質
4 その他の成分
5 食品分析
6 感性評価,官能評価
C 農畜水産物とその加工品
18 穀物
19 豆、イモ
20 野菜、果実
21 水産物
22 農産物、乳製品
23 フードシステム、6次産業化
24 その他の食品
B 食品機能
7 消化,吸収
8 整腸作用
9 血圧調節
10 脂質調節,コレステロール調節
11 血糖調節
12 認知機能
13 骨代謝、ミネラル代謝
14 抗酸化
15 抗腫瘍、抗炎症
16 抗アレルギー
17 その他食品機能
D 食品工学、加工、保蔵、バイオテクノロジー
25 加工、製造技術
26 鮮度保持
27 発酵、酵素利用
28 食品物性
29 嚥下、咀嚼機能
30 資源循環
31 衛生、殺菌、抗菌
32 その他の食品工学


■「若手の会」研究発表募集について
本大会では、若手研究者の情報交換、研究交流を図ることを目的として、大会2日目に学生ならびに35才以下 (西暦 1984 年生まれまで)の方に一般講演と同じ内容でポスター発表する機会を設けます。但し、 会場の都合により、学生のみの参加に限定させて頂くなど演題数を制限する場合もあります。
なお、参加者の投票により優秀発表者を決定して、ミキサー会場にて表彰いたします。

  1. 日 時:令和元年8月30日(金)

ポスター展示11時00分~15時00分
コアタイム(ポスター番号 奇数番号)12時30分~13時30分
(ポスター番号 偶数番号)13時30分~14時30分
投 票  11時00分~15時00分
表彰式  18時30分(予定)(ミキサー内)

  1. 会 場:講義棟
  2. 申込み:申込みは、大会支援システム(Confit)での一般講演申込みの際に、「若手の会」研究発表希望欄にチェックして下さい。

締切は、一般講演申込みと同じ、令和元年5月10日(金)17時00分までとします。

■託児ルームについて

設置予定です。詳細が決まり次第、お知らせいたします。


■協賛募集ご案内

ランチョンセミナー、展示会、広告掲載、協賛金・協賛品についての詳細は
こちらをご覧ください

■申込

新システム「Confit」は講演申込も参加申込も参加費支払いも
オールインワンシステム!

 


■第66回大会事務局
総務担当 中河原俊治
藤女子大学人間生活学部食物栄養学科
〒061-3204 北海道石狩市花川南4-5-7
TEL:0133-74-7415
E-mail:shokusoum※fujijoshi.ac.jp  ※→@
若手の会世話人  中澤洋三(東京農業大学・生物産業学部)・山木将悟(北海道大学大学院・水産科学研究院)・佐藤理奈(道総研・食品加工研究センター)

■その他

大会期間中は,夏休み期間のため,宿泊の予約が集中する恐れがありますことをご留意ください.